CHECK

建設業許可を取得した事務所や営業所に必須!?金看板製作の関連情報をご紹介

金看板は、建設業許可を取得した事業者が製作して店舗や事業所の目立つ場所に掲示する義務があります。建設工事は常に隣り合わせで、工事を安全に行うためには熟練した技術や経験が必要不可欠です。仮に、技術や経験がない会社が工事を行っていれば周辺に住んでいる人や通行人などは身の危険を感じます。第三者が安心して過ごせるよう、経験や技術があると認められた業者に対して行政機関は建設業の許可を出しますが、この許可を得ていることを第三者に証明するものが金看板と呼ぶ許可票です。

金看板は建設業許可を取得した事業所が製作する看板

建設業の許可に関する専門用語には、許可証や通知書などがありますが許可票は建築業の認可を得ている事業者が看板を作り事務所の入り口など目に入りやすい場所に掲示する義務があるものです。これは許可票や金看板と呼ばれる看板です。従来、真鍮素材ではゴージャスで品格が高いなどの理由から製作する会社が多く、見た目が金色になっていることから金看板と呼ばれるようになりました。 この金看板は店舗用で、他にも建築現場用もあります。金看板は車のライセンスプレートのように役所などから貰えるものではありません。専門業者に頼んで製作して貰ったり、一時的に仮の物を自作しても構いません。この場合注意しなければならないことは記載内容とサイズに決まりがあることです。サイズは縦35cm以上で横40cm以上、専門業者に頼むときにはサイズ指定と記載内容を明確に伝え間違いがないことを確認しておきましょう。なお、建築業法では営業所や建設現場の分かりやすい場所への設置義務があり、違反すると10万円の過料が課せられるため注意が必要です。

金看板は幅40cm以上・高さ35cm以上などサイズ指定で製作が必要

金看板はその存在自体が格式と品位を象徴するものとして、ビジネスや施設の入口に誇らしげに掲げられます。その威厳ある存在感を引き立てるために、特定のサイズ指定が必要です。幅40cm以上、高さ35cm以上というサイズ要件は、その格式を保ち、魅力的な外観を実現するために重要です。 大きさはその目的に応じて検討されるべきです。一般的にビジネス名や施設名を鮮明に表現するために使用されます。大きなサイズで製作された金看板は、通行人や訪問者に対して、存在感を放つことができます。40cm以上の幅は、文字やロゴを大きく表示するのに十分なスペースを提供し、35cm以上の高さは、看板全体のバランスを保つのに役立ちます。 高品質な材料と精密な加工が必要です。金属板やアクリルガラスなどの耐久性のある素材が使用され、文字やロゴは精密に刻印または切り抜かれます。天候や環境に対して耐久性があり、長期間にわたり輝きを保つ必要があります。 ビジネスや施設のイメージを向上させ、訪問者や顧客に印象的なメッセージを送るのに役立ちます。そのためサイズ指定を遵守し、品質に優れた金看板を製作することは、成功に向けた一歩と言えるでしょう。格式と品位を備えた金看板は、通りすがりの人々に永続的な印象を残し、ビジネスや施設の誇りを示す象徴となります。

金看板は専門の看板業者に頼んでも自社で製作しても良い

金看板は、建築業許可を取得したら速やかに店舗や営業所などの入り口付近に掲示しなければなりません。これを怠ると罰金が科せられるといわれているので注意が必要です。金看板は許可票とも呼ばれるもので、会社が建設業の許可を取得していることを証明する重要な看板になるため、一般的には看板業者に発注して製作して貰うケースが多いです。ただ、好みの素材をホームセンターで購入して自作することも可能です。このとき注意しなければならないことは、決められた記載内容になっていることと許可を得ている業種を全て網羅しているなどが挙げられます。また、サイズも決まっているため、これらを守ることが基本です。 記載内容とサイズのルールを守れば、手書きでも良いですしパソコンで作って印刷したものにラミネート加工を施す、このような方法で作りそれを掲示しても構いません。看板業者に発注しているけれども営業開始まで間に合わないときなど、暫定的に掲示するときなど安心に繋がります。金看板に使用する素材は真鍮以外にも、ステンレスやアルミ複合板など予算や好みに合わせて選べます。

建設業の営業所の屋外に設置する金看板を製作するときの素材

建設業の営業所の屋外に設置する金看板を製作する際、選択する素材は重要です。企業のアイデンティティを象徴し、顧客や取引先に対する印象を左右するため選択には慎重に検討が必要です。 まず一般的に使用されるのは真鍮やアルミニウムです。真鍮は高級感があり、金属の光沢が美しいため、営業所のプロフェッショナルなイメージを強調するのに適しています。真鍮は耐久性が高く、屋外の環境にも耐えることができます。アルミニウムは軽量で取り扱いやすく、コスト効率が良いため、予算に制約がある場合にも選択肢として考えられます。さらにアルミニウムは耐久性があり、錆びにくい性質も備えています。 耐久性は非常に重要で屋外に設置される看板は、風雨や紫外線にさらされるため、長期間にわたって美しい状態を保つ必要があります。真鍮やアルミニウムは、これらの要件を満たす素材として知られています。 金看板には文字やロゴを刻印またはエッチングすることが一般的です。これにより看板に独自のデザインやメッセージを加えることができます。文字やロゴのデザインは、企業のブランディングやイメージに合ったものを選ぶことが大切です。 金看板は建設業の営業所にとって重要なビジュアルアイコンとなります。デザイン、耐久性を考慮し、企業のアイデンティティを最良の方法で表現することが、看板の製作において肝要です。

金看板製作で注意しなければならない形状やサイズ

建築業の許可票、このような表題が付いていて店舗や事業所の入り口など人目が付きやすい箇所に掲示する義務があるのが金看板です。
商号または名称・代表者の氏名・一般建設業または特定建設業の別、許可を受けた建設業・許可番号と番号などが記されています。
許可票は建設現場にも掲示義務がありますが、記載内容は一部異なります。
店舗用には、「この店舗で営業している建設業」といった項目がありますが、建設現場用は別の項目になっています。
金看板製作の際に注意が必要なことは記載すべき項目が全て正しく網羅されていることとサイズです。
縦方向は35cm以上、横方向は40cm以上で上限は決まりがありませんが、長方形の形状になっていなければなりません。
記載内容とサイズ、この2つの注意点を守ればパソコンで作ったものを掲示しても構いません。
会社により、本店・支店といった具合に複数の拠点を構えているところも多いかと思われますが、金看板は各事業所に設置義務があるため、拠点の数だけ用意する必要があります。

複数の営業所を持つ場合はそれぞれの拠点ごとに金看板の製作が必要

複数の営業所を持つ場合、それぞれの拠点ごとに金看板の製作が必要となります。
企業や店舗のイメージを高め、顧客にアピールする重要な要素の一つです。
各拠点に独自の金看板を設置することでその拠点が存在感を示し、地域社会との結びつきを強化できます。
その拠点の場所を示すために非常に役立ちます。
道路や通りから見える位置に設置された看板は、通行人や車の運転手に対して、その営業所の存在を効果的に伝える手段となります。
これにより新しい顧客を引き寄せるチャンスを増やすことができます。
ブランドの一環としても重要です。
各拠点ごとにデザインやロゴをカスタマイズすることで、その地域に合ったアピールを強化することができます。
顧客は視覚的な印象に敏感であり、魅力的な看板は企業のプロフェッショナリズムや信頼性を伝える手助けとなります。
競合他社との差別化にも貢献します。
同業他社が同じ地域に存在する場合、独自の金看板は顧客にとって識別しやすい要素となり、競争優位性を築く一助となります。
デザインの工夫や耐久性の確保にも注意が必要です。
金看板は長期間にわたり外部環境にさらされるため、素材や施工品質にこだわることが大切です。
また法規制や許可手続きにも留意し、地元の規定を遵守することが必要です。

設置から5年後の更新を見越して金看板製作でコスト削減

設置から5年後の更新を見越して金看板製作でコスト削減を検討することは、経済的にも効果的な戦略です。
ビジネスや施設の印象を大きく左右し、長期的な投資と考えられます。
しかし設置から数年経過すると、経年劣化やスタイルの変化などに対応する必要が出てきます。
そのためコスト削減を考えることは重要です。
まず第一に金看板の素材について検討が必要です。
高品質な金属素材は耐久性がありますが、高コストもかかります。
更新を見越して、耐候性があるプラスチックなどの代替素材を検討することで、コストを削減できます。
ただしデザインやブランドイメージに影響しないか検討が必要です。
デザインの面から見て、シンプルで洗練された看板を検討することも重要です。
派手な装飾や複雑なデザイン作コストを上げるだけでなく、5年後にも古びた印象を与える可能性があります。
シンプルなデザインは長期間にわたって使いやすく適応しやすいです。
さらに看板の保守計画を立てることも重要です。
定期的なメンテナンスやクリーニングを行うことで、看板の寿命を延ばし、コストを削減できます。
また保守計画には予算を確保し予算調達に備えることも含まれます。
設置から5年後を見越して金看板製作でコスト削減を考えることは、ビジネスにとって賢明な戦略です。
総合的なアプローチを取ることで、効果的な金看板を維持し、経済的な利益を最大化できるでしょう。

金看板製作は更新箇所以外の文字をUV印刷で印字

建設業許可を取得することで店舗には、許可票でもある金看板の製作と掲示する義務が発生します。
許可票には建設業許可の中で必要最小限の情報が記載されている、金看板を見ることでこの会社が正式な許可を得ていることが分かるようになります。
一般的に金看板はゴールドで真鍮製になりますが、ステンレス製やアルミ合板などの素材を使用している銀看板などの種類もあります。
屋外に掲示するため、雨や紫外線などの影響を受けにくい耐水性や耐候性などを考えると金属が良いといいます。
ただ、金属といっても紫外線の影響で文字が薄れてしまうこともあるため、更新箇所以外はUV印刷を施している金看板もあります。
建設業は5年ごとに番号が更新されるので、その都度修正が必要です。
更新される個所は修正することになりますが、それ以外は長く使い続けることになるのでUV印刷を施しておけば文字が薄くなることも少ない、さらに真鍮など金属素材なら変形しにくいなどのメリットもあります。

真鍮など金属で製作する金看板の素材なら長年掲げても変形しないメリットがある

真鍮など金属で製作する金看板の素材は耐久性が抜群なので、過酷な状況下でもある程度耐えることができます。
金看板は長年掲げても変形しない耐久性の高さを生かし、屋外で使用されることが多いです。
雨風に強く、長期間直射日光に当たっても劣化しにくい金看板は屋外で使う時にメリットがあります。
一般的な素材であれば雨風の影響を受けてしまい、すぐにボロボロの状態になりますが、真鍮であればそのようなことはありません。
長時間直射日光に当たっても素材の耐久性は維持されているので、金看板として本来の役割を果たすことができます。
真鍮は耐久性が高いだけではなく、加工性も非常に高いのでデザイン性の高いインテリア用品や装飾品などに使われることもあります。
比較的自由に変形させることができるので、デザイン性を重視することも可能ですし、個性やインパクトを求めることも可能です。
看板としての耐久性、宣伝効果、どちらの観点でも優れています。

金看板 製作に関する情報サイト
金看板製作について詳しく!

このサイトでは、建設会社の営業所や店舗に設置義務を持つ建設業の許可票に関する情報をご紹介しています。建設業の許可票の中でも店舗用は同じ場所に5年間掲示されたままになりますし、工事現場用は工事が完了すると外されますが、他の現場で使用するためいずれも長期間の使用が想定されることから、耐久性などを考えると金属素材が最適です。なお、ここでは金看板以外にもアルミ複合板で製作した銀看板でも良いことや費用はどのくらい必要になるのか、幅広く解説していますので参考にされると良いでしょう。

Search